スポンサードリンク

マリオット 北海道の参加ホテルを紹介 冬の北海道 キロロ トリビュートポート フォリオホテル 北海道

キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道

キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道は昨日紹介したウェスティンルスツリゾートよりも札幌からは距離的に近いホテルになります。

こちらの方が自然に囲まれ山々をのぞむ大自然にを堪能することが出来ます。

スキーリゾートであるキロロリゾートの中心に位置するキロロ トリビュートポート フォリオホテル 北海道は、ワールドクラスのパウダースキー、そしてスキーイン&スキーアウトが楽しめるブティックリゾートホテルです。

そのリゾートに札幌から途中高速を利用して1時間程度で行くことが出来ます。

ただし、札幌からのシャトルバスはありませんので、レンタカーか公共の交通機関を利用することになり、夏はレンタカーでも多かもしれませんが、冬は雪道になれた方でないときびしいかもしれません。

冬のスキーシーズンにはスキーやスノーボードのレッスンを受けたり、マウンテンセンターでスキー用具のレンタルができます。

キロロ トリビュートポート フォリオホテル 北海道2

雪のないシーズンにはホテル周辺でハイキングやカヤックなど家族で楽しめるレジャーがあり、少しのドライブで小樽を散策したり、余市のニッカウィスキーの工場を見学したり、積丹半島をドライブして岬を回りながら本場のウニ丼を食べるなどの楽しみもあります。

北海道の自然を満喫した後は、ホテルの温泉でのんびりとくつろいだり、プールで遊んだり、フィットネスセンターで汗を流したりすることも出来ます。

ホテル周辺には飲み物や食べ物を購入できるような店舗や外食できる場所はありませんので、到着前に必要なら用意することをおすすめします。

ホテに関して

詳しくはこちら

 

キロロ トリビュートポート フォリオホテル 北海道

キロロ トリビュートポート フォリオホテル 北海道2

 

ホテル自体は前からありましたは、数年前にマリオットに参加しました。
外観

夏は観光の拠点として考えると、非常に便利です。
小樽や余市、ニセコも近いので、街を散策したり、自然の満喫することが出来ます。
キロロ トリビュートポート フォリオホテル 北海道2

客室

スーペリアトリプル

客室はシンプルな作りになっています。
ルームスペースは広めなので、十分に余裕があります。
スーツケースを広げても問題ありません。
キロロ トリビュートポート フォリオホテル 北海道2

ホテに関して

詳しくはこちら

特長

マウンテンバイク

セグウェイ

ミニ スノーモービル

カヤック

花火

ファミリースキー
ホテルショップ

リゾートショップのエントランス

ウォーターフォールツアー

テニスコート
リゾートショップ

リゾートショップ

スキー

スキー

北海道

ダイニング

イタリア料理レストラン「アラモーダ」
イタリアと北海道の最高級食材を組み合わせた、アラカルトやコースのメニューをご提供しており、生地から手作りする自家製ピザもございます。お食事と合わせて、イタリアをはじめとする世界各地の厳選ワインをお楽しみください。
POP

POP
キロロの朝食には、注文に応じてお作りする卵料理、自家製のパン、本格派クロワッサンなどが並びます。
アルペンブラッセリー
アフタヌーンティー
World Buffet POP – サマーバーベキュー
ワインメーカーのディナー

サマープレート

日本製のお弁当箱

ホテに関して

詳しくはこちら

レクリエーション&フィットネス

プール

プール
フィットネスセンター

フィットネスセンター

スパ

温泉の入口

 

 

 

 

 

キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道では、源泉100%の温泉やヒノキのサウナを利用することができます。

ホテに関して

詳しくはこちら

 

まとめ

ホテル自体は設計が古く感じる部分がありますが、きれいにメンテナンスがされていると思います。

数年前にリブランドを行いましたので、その際にも改善はされているようです。

冬はアクセスの関係でルスツリゾートの方が利用しやすいと思います。

夏はキロロのほうが観光の拠点としては、北海道らしい場所への距離が近く、山間の場所にありますが、周辺の街やレジャーなどへのアクセスは非常によく、おすすめです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です