スポンサードリンク

ザ・リッツ・カールトンのクレジットカード

230616.jpg
日本ではザ・リッツ・カールトン大阪と三井住友VISAカードの提携でプラチナカードまで発行されていますが、アメリカでは上に掲載したクレジットカードが発行されています。
年会費は395ドル
主な特典として
年間50泊が必要なゴールドエリートステータスになれます。
無料の空港ラウンジへのアクセスができるプライオリティパス
さらにクレジットカードを使用することで最初に50,000ポイントをもらえるようです。
もちろん、クレジットカードを使用することでザ・リッツ・カールトンのポイントがたまります。
ザ・リッツ・カールトン・リワードの会員は、ザ・リッツ・カールトン・ホテルに宿泊した際の客室料金1 ドルの支払いごとに10 ポイントを獲得。
そのポイントをザ・リッツ・カールトン・ホテルの宿泊券に交換できるという仕組みになっております。
内容的には他のホテルのポイントプログラムと同じ内容です。
利用ポイントのカテゴリーは30,000ポイントから70,000ポイントまで10,000ポイントごとに5つに分かれ、例えば30,000ポイントでソウル、北京など。
40,000ポイントで大阪など。
そして最高カテゴリーは70,000ポイントでニューヨーク セントラルパークです。
会員レベルも分かれていて
シルバー、ゴールド、プラチナエリート会員があります。
年間10 泊以上のご利用で、シルバーエリート会員の資格。
50 泊でゴールド。
75 泊でプラチナ。
エリート会員は、ボーナスポイントや、お部屋のアップグレード、無料の高速インターネットアクセスなどという特典が受けられます。
ザ・リッツ・カールトン・リワード・リワーディングイベントでは、会議の実施・参加にもポイント獲得のチャンスがあり、会議室利用や会議のためのご宿泊、ご宴会のご利用でも加算されます。
マリオット系列のホテルでもポイントが利用でき、また提携エアラインなどへもポイント交換可能です。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです゚
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です