スポンサードリンク

ラス​​ベガスのホテルにおけるリゾートフィーと節約方法

ラスベガスを訪れるのに最適な時期

年々、わずかではありますが金額が上がっているラスベガスのリゾートフィー

ハワイなどのホテルでは一般的になっているリゾートフィーは宿泊すると宿泊料金とは別に1泊につき30USD程度の料金が必要になります。

リゾート・フィーはホテルが宿泊料金とは別に様々なサービスのための追加費用になります。

ラスベガスなどはホテルの宿泊料金は他の都市と比較して格安に設定されていますが、リゾートフィーとその他に税金も徴収されますので、安い料金で予約したと思っても、実際の総額が高価になることが有ります。

予約する際もリゾート・フィーを含んだ料金で表示されることはなく、注意書き程度に「リゾート・フィーを別途必要です。」と記載がある程度のホテルもあり、料金が非常にわかりにくくなっています。

一般的に「リゾートフィー」に含まれる内容もホテルによって違いますが、だいたいインターネット接続使用料、新聞代やフィットネスジムアクセス料、駐車料金、ミネラルウォーター(500mlのペットボトルを2本程度)、市内通話フリーの電話代等が含まれることが多いようです。

ただし、フィットネスや市内電話を使用しなくてもリゾート・フィーは必ず徴収されます。

2020年3月3日、ラスベガスにあるThe Linq Hotel、Harrah’s Las Vegas、Flamingo and Bally’sの料金は1泊あたり35ドルから37ドルにリゾートフィーが引き上げられ、税金を含めると1泊あたり41.95ドルになります。

一見、これはわずかな増加ですが、ラスベガスのホテルが長年にわたって着実にリゾートフィーを引き上げている傾向を反映しており、ラスベガスのように長期滞在する傾向のある都市では無視できない負担になります。

ホリデイインクラブバケーションズ(ラスベガス)

ラスベガスの他のいくつかのホテルチェーン(最近ではMライフ)がリゾートフィーを引き上げています。

例外はありますが、ラスベガスの主要ホテルの大半は現在、リゾートフィーとして1泊あたり35ドルから45ドルの間で請求しています。

このリゾートフィーを徴収されない方法があります。

各ホテルのリゾートフィー

主要なラスベガスのホテルに関するリゾートフィーの一覧になります:

ラスベガス
シーザーズエンターテインメント株式会社 リゾート料金(毎日、税抜き)
ザリンクホテル 37ドル
ハラーズラスベガス 37ドル
フラミンゴラスベガス 37ドル
シーザーズパレス 45ドル
ザクロムウェルラスベガス 37ドル
パリスラスベガス 37ドル
プラネットハリウッドラスベガス 37ドル

MGMリゾーツインターナショナル リゾート料金(毎日、税抜き)
MGM Grand、MGM Grandの署名 39ドル
ミラージュ 39ドル
ベラージオ 45ドル
ヴダラ 45ドル
マンダレー湾 39ドル
デラノラスベガス 39ドル
エクスカリバー 35ドル
パークMGMラスベガス 39ドル
NoMad Las Vegas 39ドル

マリオット リゾート料金(毎日、税抜き)
コスモポリタンオブラスベガス、オートグラフコレクション 39ドル
ザウェスティンラスベガスホテル&スパ 32ドル
JWマリオットラスベガスリゾート&スパ 29.99ドル
ルネッサンスラスベガスホテル 30ドル
ラスベガスマリオット 0ドル
マリオットズグランドシャトー 0ドル

ヒルトン リゾート料金(毎日、税抜き)
ウォルドーフアストリアラスベガス 45ドル
トロピカーナラスベガス-ダブルツリーバイヒルトンホテル 37ドル
ヒルトングランドバケーションオンザラスベガスストリップ 25ドル
エララバイヒルトングランドバケーションズ 25ドル

IHG リゾート料金(毎日、税抜き)
ベネチアンラスベガス 45ドル
パラッツォホテルアンドカジノリゾート 45ドル
ホリデイインクラブバケーションズアットデザートクラブリゾート 0ドル

他のホテル リゾート料金(毎日、税抜き)
ウィンラスベガス 45ドル
ウィンラスベガスでのアンコール 45ドル
宝島 45ドル
フォーシーズンズホテルラスベガス 45ドル

ラスベガスでリゾート料金を回避する方法

上級会員になる

ラスベガスでの上級会員の中で最も便利なのは、ウィンダムとシーザーズのパートナーシップです。

これにより、上級会員の相互利益が得られます。

ウィンダムダイヤモンドメンバーは、ダイヤモンドレベルのメンバーシップにシーザーズリワードとステータスマッチします。

シーザーズダイヤモンドのステータスは、シーザーズ所有のレストランでの年間$ 100のディナー、客室またはスイートのベストレートから15%割引、無料の敷地内バレットまたはセルフパーキングなどを含む、施設での多くの特典があります。

そして、シーザーズダイヤモンドステータスの最高のメリットは、すべての滞在でリゾートフィーが免除されることです。

これにより、かなりの金額が節約できます。

ただし、ウィンダムは日本では一般的ではないので、ウィンダムにステータスマッチを行えるホテルプログラムの上級会員であることが必要になります。

特典滞在を予約する

上級会員へのステータスマッチは日本在住の方には、難しいかもしれません。

しかし、一部のホテルチェーン(特にIHG、ハイアット、ヒルトン)は、ポイントで予約した場合にリゾート料金を請求しません。

これはおそらく、リゾート料金を回避する最も簡単で最も簡単な方法です。

リゾートフィーを請求しないホテルに滞在する

ラスベガスにはリゾート料金をお客様に請求しないホテルがまだあります。

これらの場所はストリップで最もいい立地にあるホテルではありませんが、場所にこだわらないのであれば選択肢が多くなります。

これらには、ハイアットプレイスラスベガス、シルバートンビレッジのハイアットプレイスラスベガス、マリオットのグランドシャトー、ラスベガスマリオットなどがあります。

グランドシャトーは、ストリップにあるマリオットバケーションクラブの施設で、2ベッドルームのヴィラがあり、家族旅行に最適です。

まとめ

ラスベガスは、ギャンブル中心の目的地から、高級レストラン、日中のプール、ナイトクラブ、そしてもちろん毎日行われるショーやコンサートなどがメインになっています。

このため、ギャンプル中心の時にはホテル料金が非常に安価で、ほかの都市と比較しても格安で滞在することができました。

しかし、カジノ中心でなくなったラスベガスは徐々にホテル代が上昇して、それに伴ってリゾート料金のコストも上昇しています。

一泊で40ドル以上の負担は無視できませんので、できれば払わない方法で滞在を考えたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です