スポンサードリンク

IHGリワーズクラブが無料宿泊のポイント変動制を拡大

IHGリワードクラブ

IHGリワードクラブは、中国のホテルで変動的な特典宿泊ポイントの提供を4月の終わりに開始しました。

もともとIHGリワードクラブは2018年に変動制への移行を発表しま、2019年に導入する予定でした。

しかし、変動制への移行はこれまで延期されていました。

この変動制に関して中国のホテルでポイントの変動制の導入を開始したようです。

さらに、IHGリワードクラブではこの変動制を他の国や地域にも拡大しています。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

実際のIHGリワードクラブの変動制のポイント設定

現在、IHGリワーズクラブは、この変動制をベトナムや一部のアメリカ、ヨーロッパのいくつかの都市を含む中国以外に拡大しています。

実際にホテルのポイントによる滞在時におけるポイント数を調べてみると

最低ポイント数12,500ポイントのホテルが4段階のポイントになり、最大ポイント数は30,000ポイントになっています。

新型コロナウィルスの影響でポイント数が下がっている可能性もありますので、通常のポイント数が12,500ポイントではない可能性があり、そうなると変動制で今よりも少ないポイント数で滞在できる可能性もあります。

今回の対象地域は中華圏になりますので、中国本土、香港、台湾などが対象になります。

実際に調査したホテルでは、17,500ポイントがスタンダートなポイント数になり、そういったホテルも12,500ポイントから30,000ポイントまでのポイント差がありました。

これがIHGリワードクラブの会員に与える影響

傾向として、今のホテルでは最大ポイント30,000ポイントで滞在する日は多くはなく自由に滞在を考えられる方にとってはお得に滞在できる可能性があります。

しかし、休日が暦通りの方は高いポイント数が必要になり、実際にはポイントの価値が低下します。

ポイント数は、需要の少ない日には安く、休日やその他の旅行のピーク時には高くなる場合があります。

実際に今回の発表では「必要なポイント数は、客室予約のキャッシュレートと同じように上下に変動する」と述べています。

これはホテルが好きなときにいつでも特典の宿泊ポイント数を設定できることを意味し、需要、ピーク旅行期間、および有料滞在にかかる費用などの要素に基づいてポイント数を変更することができます。

ただし、短期的には、ほとんどのポイントを使った無料宿泊は以前と同じか、実際には北米とヨーロッパで値下がりしたことがわかります。

この記事では、IHGリワードクラブの変動制への移行がポイント設定にどのように影響したかを見て、これが将来の価格設定にどのように影響する可能性があるかについて説明します。

11月4日までに予約:IHGクラブインターコンチネンタル3泊、4泊、5泊目が無料

(Photo by JT Genter / The Points Guy)

現状でのポイント数に関して

IHGリワードクラブが5月に中国を対象に変動制を導入したとき、ほとんどのホテルが導入前のポイント数を維持、もしくは下回っていました。

発表では中華圏のホテルの65%がポイント数を下げたこと、一部のホテルは1泊あたり30,000ポイントも値下げしたといわれています。

これが世界の他の場所のホテルにも当てはまるかどうかを確認するために、北米とヨーロッパの人気のある物件でいくつかのテストを実行し、価格設定への影響を調べました。

各テストでは、2020年9月15日、2020年10月24日、2020年12月31日(大晦日)、および2020年1月20日の3つの異なる日付のホテルの料金を調べました。

アメリカでのダイナミックアワードナイト料金

アメリカには、インターコンチネンタルニューヨークタイムズスクエアなどの旗艦物件を含む、何千ものIHGリワードクラブ傘下のホテルがあります。アメリカのIHGリワードクラブで最も人気のあるいくつかのホテルでポイント数がどのように変更されたかを以下に表示します。

ニューヨーク市

ホテル 2020年9月15日 2020年10月24日  2020年12月31日 2020年1月20日
インターコンチネンタルニューヨークタイムズスクエア 70,000 70,000 利用不可 40,000
インターコンチネンタルニューヨークバークレー 45,000 40,000 47,500 60,000
キンプトンエヴェンティホテルニューヨーク 70,000 70,000 利用不可 40,000
キンプトンミューズホテルニューヨーク 40,000 40,000 利用不可 40,000

 

シカゴ

ホテル 2020年9月15日 2020年10月24日  2020年12月31日 2020年1月20日
インターコンチネンタルシカゴマグニフィセントマイル 利用不可 25,000 20,000 20,000
キンプトンホテルアレグロシカゴ 利用不可 22,500 20,000 20,000
キンプトングレイホテルシカゴ 50,000 25,000 25,000 42,500
キンプトンホテルモナコシカゴ 50,000 27,500 27,500 20,000

 

ロサンゼルス

ホテル 2020年9月15日 2020年10月24日  2020年12月31日 2020年1月20日
インターコンチネンタルロサンゼルスダウンタウン 60,000 60,000 利用不可 60,000
キンプトンホテルパロマービバリーヒルズ 60,000 60,000 60,000 60,000
キンプトンホテルウィルシャーロサンゼルス 60,000 60,000 60,000 60,000
ホテルインディゴロサンゼルスダウンタウン 55,000 55,000 55,000 55,000

ヨーロッパでのダイナミックアワード価格

アメリカと同様に、キンプトンはヨーロッパの主要都市で大きな存在感を示しています。ヨーロッパでの変更を正式に発表していませんが、ヨーロッパの一部の都市では価格の変動が見られます。

ロンドン

ホテル 2020年9月15日 2020年10月24日  2020年12月31日 2020年1月20日
インターコンチネンタルロンドンパークレーン 70,000 70,000 利用不可 70,000
キンプトンホテルフィッツロイロンドン 70,000 70,000 利用不可 70,000
ホテルインディゴロンドンタワーヒル 50,000 50,000 50,000 50,000
インターコンチネンタルロンドンO2 45,000 利用不可 45,000 45,000

パリ

ホテル 2020年9月15日 2020年10月24日  2020年12月31日 2020年1月20日
インターコンチネンタルパリルグラン 利用不可 70,000 利用不可 70,000
ホテルインディゴパリオペラ 55,000 55,000 利用不可 55,000
インターコンチネンタルホテルパリアベニューマルソー 60,000 60,000 利用不可 60,000
ホリデイ・インパリモンマルトル 30,000 30,000 30,000 30,000

ブダペスト

ホテル 2020年9月15日 2020年10月24日  2020年12月31日 2020年1月20日
インターコンチネンタルブダペスト 25,000 22,500 25,000 22,500
ホリデイインブダペストブダオロス 10,000 10,000 利用不可 10,000

ベルリン

ホテル 2020年9月15日 2020年10月24日  2020年12月31日 2020年1月20日
リージェントベルリン 35,000 32,500 42,500 32,500
インターコンチネンタルベルリン 20,000 20,000 22,500 12,500
ホテルインディゴベルリンイーストサイドギャラリー 17,500 17,500 利用不可 25,000
クラウンプラザベルリンポツダムプラッツ 32,500 12,500 20,000 12,500

調査結果の概要

変動制の導入はアメリカとヨーロッパの両方で存在するようですが、アメリカの主要都市ではより明白な結果となりました。

たとえば、ニューヨーク市とシカゴでは、特定のホテルの価格が20,000ポイント単位で変動する可能性があることがわかりました。

傾向的にはやはり旅行のピーク日、週末、祝日は一般的に高くなりましたが、平日の滞在などのオフピーク時には低くなりました。

ヨーロッパは特に興味深いものでした。ロンドンやパリなどの西ヨーロッパの都市では料金にほとんど差がありませんでしたが、ベルリンやブダペストなどの中央ヨーロッパの都市は、どちらもアメリカと同様にポイント変動が大きい結果となりました。

たとえば、クラウンプラザベルリンポツダムプラッツでの1泊は、1泊あたり12,500〜32,500ポイントでした。

変動制導入後のポイント数

一部のホテルで全体的に大幅なポイント数の減少も見られます。

たとえば、インターコンチネンタル フランクフルトのポイント数は、多くの日付で1泊あたりわずか20,000ポイントになっています。

以前に滞在したときはフランクフルトの中心部から離れていて、中央駅からも離れているライン川沿いのこのホテルはインターコンチネンタルホテルの中でも45,000ポイントで滞在できるホテルでしたが、この結果を見ると現在のレートが以前のレートの半分以下であることがわかります。

同じことがインターコンチネンタルニューヨークバークレイズにも言えます。

このホテルの今までのポイント数は1泊あたり70,000ポイントでした。

現在、少なくない日にちで1泊あたり40,000ポイントというポイント数になっています。

このホテルは1泊40,000円以上はしますので、40,000ポイントは非常にお得です。

実際に他のホテルに関しても今までより少ないポイント数で滞在できるホテルが多くなっているのは、会員にとっては非常に良いことになります。

ただし、この設定が新型コロナウィルスの影響による需要減少のための設定になっている可能性もあり、通常になったときの価格設定ではないことも考慮する必要があります。

まとめ

この内容を考えると、今回のIHGリワードクラブの変動に関しては決して悪い内容ではないようです。

他の変動制を導入しているヒルトンオナーズなどと比較すると、ポイント数の幅は少ないことがわかります。

今回の変動制が導入のためのテストになるのか、そのままの状態で地域が拡大されるのかはIHGリワードクラブから正式な告知がないため今のところわかりません。

特典宿泊のポイント数は変動する可能性がありますが、ほとんどの場合、今のところ変動制が導入される前と同じかそれよりも低くなっています。

短期的には、通常より大幅に値段が安い物件を予約するチャンスかもしれません。

IHGリワードクラブでは、到着の1日前までに特典滞在をキャンセルして全額払い戻しを受けることができます。

今すぐ予約して、旅行をやめたい場合は後で予約をキャンセルすることができます。

今後のことを考えても、平日に滞在することが多いビジネスマンなどには今回の変動制は恒久的にメリットがあると思います。

ヒルトンオナーズやマリオットと同様に、これら平日のポイント数は、通常の特典ポイント数と同じかそれ以下になると思います。

ただし、ピークの日に旅行する人は、同じホテルを予約するためにより多くのポイントを支払うことになる可能性は大きくポイントの価値を損なうことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です