スポンサードリンク

マリオット 2021年の上級会員とポイントによる無料宿泊について

マリオットBONVOY

現在、新型コロナウィルスの影響でホテルの利用は非常に低下している状態です。

各ホテルプログラムも上級会員期間の延長や上級会員資格の緩和、セールやポイントの活用などの対応策を打ち出していますが、需要の回復にはつながっていません。

マリオットも、2019年の実績に応じた2020年に上級会員の方は上級会員期間が延長になり、2022年2月まで延長されます。

昨年にもありましたが、今年も上級会員のランクに応じて、上級会員資格の50%の滞在実績を会員のアカウントに反映しています。

また、ポイントによる無料宿泊に関しても若干ですがポイント数が少なくなっています。

2021年度のマリオット上級会員を獲得または更新

他のホテルプログラムでは上級会員資格を引き下げて半分の滞在数で達成できるように条件を調整しているホテルチェーンがあります。

マリオットは上級会員資格の基準を少なくはしていません。

代わりに、昨年の上級会員ランクに応じて上級会員資格に達する50%の滞在数を会員のアカウントに反映しています。

唯一、2021年にアンバサダーエリートを取得する条件のひとつである20,000ドルの支出が30%削減され14,000ドルに変更されたことくらいです。

2020年にも50%の上級会員資格の滞在数を会員アカウントに反映させていますので、昨年と同様の対策になります。

たとえば、2020年にプラチナ会員だった場合(年間50泊が必要)、25滞在の上級会員資格の滞在が反映します。

2020年にゴールド会員だった場合(年間25泊が必要)、13滞在の上級会員資格の滞在が反映します。

内訳は次のとおりです。

2020年の上級会員 年間ティア要件 50%の上級会員資格
アンバサダー会員 100泊と$ 20,000の支出(2021年は$ 14,000) 50泊
チタン会員 75泊 38泊
プラチナ会員 50泊 25泊
ゴールド会員 25泊 13泊
シルバー会員 10泊 5泊
一般

 

まだ、すべてのアカウントに50%の上級会員資格が反映しているわけではなく順次反映していくようです。

マリオットが同様の他作を昨年行ったときも、アカウントに反映するまで若干のずれはありました。

しかし、それだけではありません。

マリオットのキャンペーン期間中に2泊以上の滞在を行った場合、マリオット会員は2倍のポイント2倍の上級会員資格の泊数を獲得することができます

ヒルトンオナーズでも同じようなキャンペーンを行っていますが、ヒルトンオナーのキャンペーンとは異なり、マリオットのキャンペーンは有料での滞在のみが対象となります。

なのでポイントを使った特典滞在に関してはこのキャンペーンの対象外になります。

2021年2月16日から4月27日までの滞在で獲得できます。登録は2021年4月13日まで

このキャンペーンは登録が必要です。

キャンペーン登録はこちら

ログイン後にオファーからキャンペーン登録ができます。

マリオット 2021年の上級会員とポイントによる無料宿泊について

 

クレジットカードでさらに5泊分

マリオットBonvoy提携のアメリカンエキスプレスに入会しているとさらに5泊分の滞在実績がアカウントに反映されます。

まだ入会していない方は入会時ボーナスポイントキャンペーンがあり、最初の3ヶ月で一定の金額を利用した場合に3万ポイントを提供しています。

すでに入会している方は更新時に毎年50000ポイントの無料宿泊に利用できるポイントがもらえます。

 

SPG AMEX カード 詳しくはこちら

関連:

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの無料宿泊について

特典無料宿泊に関するポイント数の低下

 

マリオットでは、マリオットの会員を対象に、2月21日までに予約した場合、2021年9月30日までオフピークのポイント数からさらに10%OFFでオフピークの特典滞在を利用できます。

ただし、10%OFFはオフピークの設定になっている日が対象になり、それ以外には適用されません。

マリオットブランド
マリオットでは2月から始まるダブルポイントとダブル上級会員資格エリートナイトのキャンペーンに加えて、マリオットはオフピークの特典滞在に必要なポイントと数を世界全体で10%OFFにしています。

割引は、2月21日までに予約された2021年9月30日までの滞在が対象になります。

キャンペーン中のオフピークポイント数の内訳は次のとおりです。

カテゴリー1: 4,500ポイント(通常5,000ポイント)

カテゴリー2: 9,000ポイント(通常10,000)

カテゴリー3: 13,500ポイント(通常15,000)

カテゴリ4: 18,000ポイント(通常は20,000ポイント)

カテゴリー5: 27,000ポイント(通常30,000ポイント)

カテゴリ6: 36,0000ポイント(通常40,000)

カテゴリー7: 45,000ポイント(通常50,000)

カテゴリー8: 63,000ポイント(通常70,000)

結論

これらのキャンペーンとダブルポイントキャンペーンによってポイントを使った特典滞在がいつもよりも緩和されて利用することができます。

ただし、新型コロナウィルスの影響で自粛が続くとキャンペーンを利用することが難しくなります。

マリオットの場合はポイントで予約した特典滞在に関してはキャンセルや変更が容易にできるので、一応予約期間内に予約しておくのも良いかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です