スポンサードリンク

ユナイテッド航空のマイレージプラス 100,000マイルを交換するための最良の方法

ユナイテッド航空

航空会社のマイルを100,000マイル持っていることは、ビジネスまたはファーストクラスのキャビンへの特典航空券に利用したり、国内旅行をすることができます。

ほとんどの人にとって、100,000マイルに到達するには、実際のフライトや航空会社提携のクレジットカードやマイルに移行できるポイントを持っているクレジットカードでの大量の支出が必要ですが、限られた時間の間、ユナイテッド航空の顧客ははるかに速く到達する事ができます。

MileagePlusセゾンプラチナカード

MileagePlusセゾンプラチナカード、最大34,000マイルの期間限定ウェルカムボーナスを獲得できます。

このカードは、業界最高水準のショッピングマイル還元率になる

1,000円(税込)=最大15マイル

携帯電話料金や公共料金、保険料や各種税金、日々のお買い物やネットショッピングなどの1ヵ月のご利用額合計1,000円(税込)につき最大15マイル貯まります。

新規入会時のボーナスポイントを含めると440万円ほどの決済でユナイテッド航空のマイルが100,000マイルに到達します。

440万円の決裁も大変ですが、すべての支払いをクレジットカードですることで2年程度で貯まる可能性は大きいと思います。

その100,000マイルの使い道として

ANAまたはエバー航空によるアジアへのプレミアムキャビンフライト

ユナイテッド航空スターアライアンスを含む提携航空会社で特典航空券を利用することができます。

その際にANAなどの燃油サーチャージを支払う校区会社を利用した際にもユナイテッド航空経由なら燃油サーチャージを支払う必要はありません。

具体的に日本からアメリカまで、2つのスカイトラックス5つ星航空会社と、10万ユナイテッドマイル未満で予約できる世界最高のビジネスクラスが2つ見つかります。

ボーイング777-300ERを、ニューヨーク-JFK、シカゴ(ORD)、ヒューストン(IAH)、シアトル(SEA)、ロサンゼルスなど、米国内のいくつかの路線で運航している台湾の航空会社エバー航空について話しています。

アンジェルス(LAX)とサンフランシスコ(SFO)。ビジネスクラスではかなり標準的なビジネスクラスシートでありながら、EVAのA +フード&ドリンクと信じられないほど詳細志向のサービスにより、ビジネスクラスの価格でファーストクラスを飛んでいるような気分になります。

もう1つの選択肢は、ANAを利用することです。

ANAに関しては日本の国内線往復をユナイテッド航空の10,000マイルで利用することができます。

100,000マイルがあれば10回の往復が可能で路線にもよりますが全部で35万円程度の価値になります。

国際線でアメリカへ行く場合は、東京羽田(HND)と東京成田(NRT)の2つの空港からボーイング777-300ERを使用してアメリカに飛んでいます。

ANAの標準的なビジネスクラスは良いですが、運が良ければ、ANAのニューヨーク-JFKルートのいずれかで座席を獲得できれば、ANAのまったく新しい信じられないほど広々としたビジネスクラスである「TheRoom」を体験できます。

  • 日本からアメリカへ:88,000マイル
  • 北アジア(中国本土、韓国、台湾)からアメリカへ:88,000マイル
  • 南アジアからアメリカへ:99,000マイル

一般的に、EVAはシアトル、シカゴ、ヒューストンのルートで最高のアワードスペースを提供します。

ニューヨークルートのANAアワードスペースは、The Roomの発売以来、手に入れるのがさらに困難になっていますが、シカゴやワシントンDC(IAD)などの他の都市を検索した方がよいかもしれません。

 

アメリカ国内線での利用

アメリカへ旅行する際に、すべて1つの特典航空券で予約できるなら良いのですが、マイル数の関係や航空会社の関係でアメリカ国内の移動にユナイテッド航空のマイルを使う事もあります。

たとえば、ロサンゼルス(LAX)からサンフランシスコ(SFO)に行きます。

カレンダーには、このルートの直行便を片道5,000マイルで予約できる日がたくさんあります。

 

ユナイテッドアワードカレンダー
(ユナイテッドの写真提供)

もともとロサンゼルス~サンフランシスコは便数も多く主要な路線で短距離でもあるため、有料での航空券購入もそれほど高くありません。

また、ロサンゼルス経由でラスベガスに向かう場合でもサンフランシスコと同じような内容になります。

経験上、これらの路線に関しては特典航空券の空席は多く、予約に困ることはありません。

 

ユナイテッドポラリスでアメリカ国内線

ユナイテッドのポラリスビジネスクラスは、ユナイテッドの古いサービスを大幅に改善したものであり、アメリカ国内線で定期便を運航している最高の座席です。

例えば

ニューアークとロサンゼルスとサンフランシスコの両方の間で毎日数便運航している787-10があります。

これらはユナイテッドの最もプレミアムな国内ルートであるため、低レベル(節約)のアワードスペースがあったとしても、それほど多くを見つけることは期待できません。

カレンダーのほぼ毎日の特典航空券のマイル数は片道50,000マイルです。

6時間程度のフライトには多額の費用がかかりますが、これらのルートのビジネスクラスでは、有料の場合1,000ドルを超えることが多く、かなりの償還価値があります。

 

まとめ

冒頭で述べたように、ユナイテッド航空の100,000マイルで複数の特典航空券を予約することは国内線を除いて困難です。

国際線ならビジネスクラスでの旅行1回分になります。

ユナイテッド航空はその日によって必要マイル数が違う変動制を導入しているので、100,000マイルでビジネスクラスの特典航空券を予約することに不安がある場合は、ユナイテッドのWebサイトでいくつか検索してみることをお勧めします。

100,000マイルでどのような予約ができるか正確に見てください。

日本国内の特典航空券に利用するだけでも十分に価値があると思います。

航空会社の豪華な長距離ビジネスクラスのフライトを利用するか、国内旅行をもっと楽しむかを選択することができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です