スポンサードリンク

ロサンゼルス空港のカンタス航空 ファーストクラスラウンジ

ロサンゼルス空港

Contents

カンタス航空国際線ファーストラウンジ

LAX●国際線ターミナル(保安検査場内)

ワンワールド加盟航空会社のファーストクラス利用者や最上級会員も利用することができるカンタス航空インターナショナル ファースト ラウンジ。

ロサンゼルス国際空港 (LAX) はターミナル毎に建物が分かれていて全部で9つのターミナルになります。

アメリカ系の航空会社以外はニュージーランド航空など一部の航空会社を除いて海外の発着便は基本的にトム ブラッドレー国際線ターミナルを使います。

日本のJALやANAが利用している国際線ターミナルになります。

トム ブラッドレー国際線ターミナルにはビジネスクラスラウンジとファーストクラスラウンジがあります。

JALの場合はワンワールドのビジネスクラスラウンジとカンタス航空のファーストクラスラウンジになります。

カンタス航空ファースト ラウンジ LAX の場所と営業時間

保安検査を終えて通路を進み免税店があるエリアに出ます。

向かって右手にエスカレーターがあり、1階上がるとワンワールドのラウンジがあります。

その前の通路を右に行くと途中に大韓航空のラウンジがあり、そこから50m程でカンタス航空ファースト ラウンジがあります。

エスカレーターまたはエレベーターで 1 階に上がります (ターミナルは 4 階、ラウンジは 5 階です)。

カンタス航空ファーストクラスラウンジの入口

s_PA030076.jpg

カンタス航空ファースト ラウンジ LAX は現在、毎日午前 6 時 30 分から午前 12 時まで営業しており、ターミナルから出発するほぼすべてのワンワールド便をカバーしています。

4階からはエスカレーターかエレベーターで行くことができます。

カンタス航空ファーストラウンジLAXの座席とレイアウト

カンタス航空のファースト ラウンジ LAX は、国際線のファーストクラス ラウンジとしては非常に広く、広さはおよそ 17,500 平方フィートで、座席数は 220 名以上あります。ラウンジは一日中ほとんど満員にはなりません。

少なくても日本行きの航空会社が出発する時間には混雑はありませんでした。

ラウンジは大きな1つの部屋から構成されていますが、いくつかのゾーンに分かれており、ラウンジの前半はくつろぎの空間、ラウンジの後半は食事のスペースとなっています。

s_PA030077.jpg

手前のカウンターでチケットを見せて入ります。

s_PA030078.jpg

奥行きのあるラウンジで細い長方形になり、手前がソファーやイスで奥の方がダイニングスペースになります。

いつもそれほど混んでいないのでゆったり利用できます。

s_PA030079.jpg

カンタス航空のファーストクラスラウンジには仮眠スペースなどはありませんので、長椅子で仮眠をとられている方もいます。

s_PA030080.jpg

赤い椅子が置かれた座席エリアの先には、くつろぐためのさらに多くの座席が配置された別の座席エリアがあります。カンタス航空はインテリアデザインで本当に素晴らしいと思います。ラウンジには他の多くのラウンジで見られるものとは異なり、正当にスタイリッシュで高級な家具が置かれています。

奥の方にはバーカウンターと大きめのダイニングスペース、厨房、トイレ、シャワーがあります。

s_PA030081.jpg

手前が男性用トイレ、奥が女性用トイレになります。
さらに奥にはシャワールームがあり、その前にカウンターで係にシャワールームの利用を申し込みます。

s_PA030082.jpg

シャワー室は白を基調としたシンプルな内装です。
もしかしたらカウンターでもらえるかもしれませんがカミソリや歯ブラシなどはありません。

ラウンジの最後の部分は、一度に最大 74 名様まで着席できるテーブルが数十席ある巨大なダイニング エリアです。

カンタス航空ファースト ラウンジ LAX の食べ物と飲み物

カンタス航空ファースト ラウンジ LAX の最大の特徴はダイニングになり。ラウンジでは、あらゆる種類の素晴らしいカクテルやワインに加え、テーブル サービスで料理を提供しています。日本向けの航空機を利用する場合、カンタス航空ファースト ラウンジで朝食と昼食の両方を利用することができます。

以下は朝食メニューです。

s_PA030085.jpg

ダイニングメニューになります。
メニューは時間帯によって違います。
朝の10時くらいまでは朝食になります。
メニューもアメリカンブレックファーストやコンチネンタルブレックファーストやアラカルトでも依頼できます。

味もボリュームも内容も標準的なアメリカの朝食になります。

11時くらいからランチになり、ステーキやハンバーガー、パスタやデザート、フルーツなどを注文できます。

ランチメニューになります。

多分夜まで同じ内容を提供すると思います。

ロサンゼルス空港のカンタス航空 ファーストクラスラウンジ1

まずはシャンパンを

シャンパンはメニューに記載されていませんが、ラウンジではテタンジェやモエ ローズを提供しています。

ローズマリーテキーラ、パイナップル、アガベ、ライムが入った「ローズ&マリー」などもあります。

s_PA030086.jpg

アンガスビーフになります。
アンガスビーフは霜降りと赤身が適度にバランスのとれた牛肉なので柔らかくてジューシーです。
当然焼き方も聞いてくれるのでお好みにできます。

s_PA030087.jpg
クラッシックハンバーガーは両手で持たないと持てないほどの大きさ。
アメリカでは普通の大きさになりますが紙で包まれていないのでちょっと食べにくいです。
味は本格的なパテを使用していますので非常においしいと思います。

デザートやフルーツもおいしいのですが、ただ1点パスタは?

アメリカに行くと思いますがどこに行ってもミートボールのスパゲティがあります。
見るとおいしそうに見えるのですが、味が全くありません。
メンはソフト面よりふやけていています。
そんな感じでした。

ダイニングメニューはアメリカの料理が中心で、その点はANAなどを利用した際に利用できるANAファーストクラスの方が国際色が豊かだったように思います。

しかし、料理自体の味は大変良いと思います。

 

カンタス航空 ファーストクラスラウンジではソフトドリンクもバーカウンターで依頼します。
ジャスミンティーなどもあります。

何カ所かに設置してるのはコーヒーメーカーやミネラルウォーター、お茶などが用意されています。

カンタス航空のファーストラウンジの食べ物と飲み物はとても美味しいです。レストランのクオリティで、空港のラウンジではあまり見かけません。

ラウンジにはセルフサービスの食べ物や飲み物はあまりありません。ラウンジエリアには、コーヒーマシン、各種紅茶、クッキーを備えたステーションが 1 つあります。バーではバリスタが淹れたコーヒーを飲むことができるので、コーヒーをはじめお茶などはカウンターで注文することをお勧めします。

オーストラリアの航空会社のラウンジというだけあって、コーヒーには力を入れています。コーヒードリンクはすべてバリスタが作ったもので、フラットホワイトは絶品です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。