スポンサードリンク

本日2019年1月14日からIHGリワードクラブのホテルカテゴリーが変更になります。

IHGリワードクラブのホテルカテゴリーが本日から変更になります。
変更日は2019年1月14日から
ホテルカテゴリーはポイントを利用した無料宿泊の際に必要ポイント数に影響があり、無料宿泊する際に必要なポイント数が上下するホテルを発表しています。
ほとんどがポイント数の増加になるようです。

ホテルカテゴリーが変更になっても、実際に有料で宿泊する際の料金には影響はありません。
しかし、ポイントを利用した無料宿泊や一部のポイントを併用できるポイント&キャッシュなどでは、必要なポイント数やキャッシュの部分がホテルカテゴリーによって区分けされています。
今回の変更対象ホテルは600以上になります。
内容を見ると残念ながら、多くのホテルが必要ポイント数に関しては上がっているようです。
日本のIHGリワードクラブに参加しているホテルも今回のカテゴリー変更で7軒のホテルが対象となっていいます。
今回の変更でホリディインANAリゾート宮崎のホテルを除いて他のホテルの無料宿泊に必要なポイント数は多くなっています。
IHGリワードクラブのホテルカテゴリーが変更になります。2019年1月14日から
ポイント数が低下
宮崎にあるホリディインANAリゾート宮崎
20,000ポイントから15,000ポイントに変更
その他は関東にあるインターコンチネンタルホテルの3軒を始め沖縄と札幌の対象ホテルは5,000ポイント多くなっています。
IHGリワードクラブは、年間を通じて特定のホテルで無料宿泊に必要なポイント数を調整しています。
これらの変更は会員に事前に伝えられることはありません。
今のところホームページやメールでの連絡や告知はないようです。
変更は2019年1月14日からになりますので、本日中に変更になると思います。
世界的に見ても今回の変更で147ホテルでは5,000ポイント少なく、548ホテルでは5,000ポイント多くなります。
今回は上下の変動幅が5,000ポイント以上のホテルはありません。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です