スポンサードリンク

世界で最も高価なホテルのビュッフェ式朝食を無料で食事する方法

ホテルの朝食

高級ホテルには、最も豪華な朝食ビュッフェがあります。

特に豪華なのはアジアと中東になります。

新鮮なフルーツやスムージーから、注文してから作る数種類の卵料理まで、世界中の料理を取り揃えたさまざまな料理を楽しむことができます。

他の地域では若干朝食の内容は見劣りします。

例えばヨーロッパではアメリカンスタイルのホテルは少なく、ヨーロピアンスタイルのホテルでは国によって違いますが甘いパンとカップチーノのみなどの内容になります。

アメリカでも朝食に関しては、それほど大差のない内容で、一部の高級ホテルを除いてスクランブルエッグにカリカリに焼いたベーコンやソーセージ、オートミールにシリアルなどとフルーツとヨーグルトなど同じ料理を提供しています。

それらと比較すると日本を含めたアジアと中東の朝食は非常に豪華で、旅行の際にきちんとした朝食をとることは、その後の観光や仕事にも影響を与えるので、非常に重視されると思います。

 

無料の朝食

 

ご想像のとおり、これらの朝食は高価です。

主要な高級ホテルでのビュッフェ式朝食は、1人あたり4,000円以上になることもあります。

例えば

ザ・リッツカールトン大阪

値段は3,800円(税込)+サービス料13%です。

セントレジスホテル大阪

値段は4,400円(税込)

たとえどんなに豪華な内容の朝食であっても、ホテルの朝食にその金額を普通に支払う人は少ないと思います。

特に日本では、500円程度から朝食を食べることができのでなおさらです。

宿泊する際に朝食付きの料金プランで予約する場合には、朝食が付いてきます。

しかし、朝食付きプランと朝食なしプランでは料金が違いますので、その価格差がお得かどいうかという事になります。

しかし、滞在の毎朝、無料のフルビュッフェ式朝食を受け取る方法があります。

重要なのは、上級会員に無料の朝食を提供するホテルを選ぶことです。

各ロイヤルティプログラムの上級会員の朝食特典に関しては、わずかに異なります。主なプログラムの概要は次のとおりです。

ヒルトン・オナーズ:

ゴールド会員およびダイヤモンド会員のヒルトン・オナーズ上級会員は、キャノピー・バイ・ヒルトン、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、キュリオ–ア・コレクション・バイ・ヒルトン、ダブルツリー・バイ・ヒルトン、ヒルトン・ガーデン・インで自身の朝食とゲスト1名を無料で選択できます。


マリオットボンボイ:

プラチナ会員、チタン会員は、参加しているホテルブランドのほとんどで無料の朝食を受け取ることができますが、提供の仕方が無料やウィルカムアメニティの中で選択したり、ラウンジで提供したりと少し複雑です
先に挙げたリッツカールトンなどは上級会員でも朝食特典は提供せず、ラウンジのアクセスもアップグレードでクラブフロアなどになった場合以外には使えないなどの違いがあります。

 

朝食 無料 ホテル

ワールドオブハイアット:

グローバリストメンバーは、有料または特典滞在時に無料の朝食を受け取ります。
下位レベルのディスカバリーおよびエクスプロリストエリート層は無料で朝食をとることはできませんが、メンバーは 年間20回のハイアットナイトから 2つの
クラブラウンジへのアクセス権を獲得できます。
クラブラウンジのあるハイアットホテルに宿泊する方には、クラブラウンジへのアクセス権を適用できます。クラブラウンジでは、無料の朝食などをお楽しみいただけます。

ラディソンリワード:

プラチナメンバーには、北米では無料のコンチネンタルブレックファーストが、北米以外の施設ではフルブレックファストが提供されます。

Accor Le Club:

プラチナメンバーと1名の登録ゲストは、アジア太平洋地域でのみ無料の朝食を受け取ることができます。

 

一部のホテルは、特にリゾート施設で、関連するプログラムの朝食特典が付かないホテルもあります。

たとえば、ヒルトンハワイアンビレッジワイキキビーチリゾートでは、エリート向けの無料の朝食は提供していません。

朝食のことだけを考えると、上級会員の中間層であるゴールド会員から2名分のフルサービスの朝食を利用できるヒルトンオナーズは、他のホテルプログラムと比較しても大きな利点になります。

日本で展開しているヒルトンオナーズに参加しているホテルの朝食は、大体満足のできる内容であり、海外のヨーロッパなどでもアメリカンスタイルのきちんとした朝食を提供していますので日本やアメリカのホテルになれている方ならヒルトンホテルなどのようなホテルをお勧めします。

アジアの特に東南アジアなどにはヒルトンオナーズのホテルやリゾートホテルがあり、そのホテルの内容も他のホテルプログラムと比較してもいい内容のホテルが多いと思います。

ヒルトンオナーズのゴール会員は、既定の宿泊がなくても提携しているVISAゴールドカードを作るだけで手にすることができます。

普段、1年に1回くらいしか旅行の行かない方でもヒルトンオナーズのゴールド会員にはなっていた方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です