スポンサードリンク

新型コロナウィルスに関するホテルエリートステータスの完全ガイド

東京のホテル

新型コロナウィルスの影響が続いて世界が対応し続けている中、主要なホテルプログラムが上級会員に関する期間延長や達成基準の緩和を行っています。

新型コロナウィルスの流行初期には中国を対象に、その後アジア太平洋地域の会員に拡大していきました。

しかし、多くのホテルのプログラムは現在、世界中の会員を対象として上級会員に対する対応を行っています。

以下の記事では、上級会員のために主要なホテルロイヤルティプログラムがどのような対応を行っているかを記載していきます。

ただし、これは今後数週間および数か月で変わることが確実なので、今後も更新をしていきます。

悪いホテルや部屋の予約を避ける方法1

ヒルトンオナーズ

ヒルトンオナーズ

2020年3月25日、主要なホテルプログラムの中で初めてヒルトンオナーズは、すべての上級会員に対してエリートステータスの延長を発表しました。

ヒルトンオナーズは、2020年3月31日に有効期限が切れる上級会員の有効期間を2021年3月31日に延長しました。

同様に、2021年3月31日に有効期限が切れるヒルトンオナーズメンバーのステータスは2022年3月31日まで延長。

ヒルトンオナーズは、次のようないくつかの変更を行いました。

  • ポイントの有効期限は、2020年12月31日まですべてのヒルトンオナーズポイントで一時停止されます。
  • 2020年6月30日までに到着予定の既存の予約はすべて、到着予定日の24時間前まで無料でキャンセルできます。
  • 今日から2020年6月30日までの間に予約されたすべての新しい予約は、到着予定日の24時間前まで無料でキャンセルできます。

IHGリワードクラブ

IHGリワードクラブ

2020年4月22日、IHGは2022年1月まですべての上級会員を自動的に延長すると発表しました。

以前は、2020年2月17日現在、中国本土、香港、マカオ、台湾に住所を持つ会員のエリートステータスの延長のみを発表していました。

ヒルトンオナーズと同様に、有効期限が切れるIHGポイントは12月31日まで延長されます。

これらの調整は自動的に行われ、メンバーはアカウントで更新された日付を確認できます。

この発表は、2020年の緩和されたエリートステータス基準に追加されたものです。

新しい資格要件により、必要なポイントまたは宿泊数が年末まで25%以上削減されます。

以下の図で、すべてのステータス階層の特定の要件を確認できます。

IHGリワードクラブ2020年上級会員基準

さらに、2019年の最初の6か月にインターコンチネンタルアンバサダー会員に入会するか更新した会員は、有効期間がが6か月延長されます。

これには、更新された「週末無料宿泊券」のバウチャーも含まれ、アンバサダー会員の新しい有効期限が反映されます。

IHGリワードクラブプログラムに関連するその他の更新は次のとおりです。

  • このプログラムは、2020年3月11日から6月30日までの全世界の新規および既存の予約のキャンセル料を無料にします。

マリオット

マリオットBONVOY

2020年4月8日、マリオットは、2019年に上級会員を獲得した会員のエリートステータスの有効期間を延長すると発表しました。

これらの会員のステータスの有効期限は2022年2月に延長されます。

これは、ヒルトンやワールドオブハイアットの発表内容に追従した形になります。

さらに、マリオットは2021年2月までBonvoyポイントの有効期限を一時停止しています。

その時点で、ポイントは24か月以増減がないアカウントで期限切れになります。

実際に滞在がなくても、マリオットのクレジットカードを使用したり、マリオットのダイニングプログラムで食事をしたりするなど、ポイントの増減が発生します。

コロナウイルスに関してマリオットが行っているその他の更新は次のとおりです。

  • すべての既存のマリオットでの滞在(より制限の多い前払い予約を含む)は、2020年6月30日まで無料で変更またはキャンセルできるようになりました。すべての変更およびキャンセルは、到着予定日の24時間前に行う必要があります。
  • 3月13日から6月30日の間に行われた新しい予約も無料で変更またはキャンセルできますが、変更またはキャンセルは到着日の少なくとも24時間前に行う必要があります。
  • 2020年12月31日の有効期限付きのスイートナイトアワードは、2021年12月31日まで有効期間が延長されました。

プリファードホテルズ&リゾーツ

I優先特典プログラム(85か国、700以上のグローバルリゾートをカバー)は、2020年3月16日に会員にメールを送信し、すべての上級会員が2021年6月30日まで、滞在日数に関係なくステータスを維持することを発表しました。

また、2020年8月31日まで、すべての会員のポイント有効期限が延長されます。

ラディソンリワード

ラディソンリワードは、2021年2月に有効期限が切れる会員のエリートステータスを2022年2月まで延長しました。

さらに、2020年3月1日から6か月間、プログラムのポイント有効期限を一時停止しました。

2020年6月30日に有効期限が切れるように設定されたe証明書を持つ会員は、2021年6月30日までの滞在にそれらを利用できるようになります。

ペナルティなしで2020年4月30日までの滞在の予約をキャンセルまたは変更できます(変更がある場合、該当する場合は料金の差額を支払う必要があります)。

これは、ラディソンリワードで直接行われた予約にのみ適用され、その他のサイト経由では適用されません。

シャングリラ

小規模なプログラムですが、シャングリ・ラは特にアジアに特化しているせいか新型コロナウィルスの流行初期に寛大な内容を発表しました。

同社は世界中のゴールデンサークルティアステータスメンバー(ダイヤモンドとジェイド)に対して2021年12月31日まで期間を延長することを決定しています。

ワールドオブハイアット

ワールドオブハイアット

2020年4月3日、ハイアットは、2020年3月31日の時点で有効なエリートステータスを保持していたすべての会員のワールドオブハイアットエリートステータスを延長することを発表しました。

すべてのワールドオブハイアットエリートメンバーは、2020年4月15日までにオンラインアカウントに新しい有効期限が反映されているはずです。

さらに、ホテルグループは、2020年3月1日から12月31日までの有効期限が設定されたすべての特典の有効期限が2021年12月31日まで延長されることを発表しました。

これらの特典には、スイートのアップグレード無料宿泊券、クラブアクセスパスが含まれます。

ワールドオブハイアットはまた、2020年12月31日まで、エリートステータスレベルに関係なく、すべてのメンバーに対してワールドオブハイアットポイントの有効期限を一時停止しました。

ワールドオブハイアットは、コロナウイルスに関連して、その他の変更も発表されています。

  • ハイアットは、事前に発表されたアワードチャートの変更と 2021年までピーク価格とオフピーク価格の計画された導入を延期しました。ただし、5つのホテルは3月22日にカテゴリーを変更します。
  • 4月1日以前に2020年6月30日までに到着したすべての既存の予約は、到着の24時間前までは無料で変更またはキャンセルできます。これには、通常は変更やキャンセルができない事前購入レートの予約が含まれます。
  • 2020年4月1日から2020年6月30日までの間に行われた新しい予約は、到着日に関係なく、到着の24時間前までは無料で変更またはキャンセルできます。
  • 3月8日以前に6月30日までの旅行でハイアットで直接行われた既存の事前購入レート予約は、メンバーが希望する場合、10,000ワールドオブハイアットポイントと引き換えにキャンセルできます。ただし、これらの滞在の払い戻しはありません。

ウィンダムホテルズ&リゾーツ

2020年4月14日、ウィンダムは現在のすべてのウィンダムリワード上級会員のエリートステータスを2021年12月31日まで延長することを発表しました。

このステータス延長は自動的に行われるため、延長を処理するために手続きは必要はありません。

さらに、ホテルグループは、ゴールドエリートステータスを医療関連に従事するすべての方に贈っています。

対象となる医療関連に関しては、ウィンダムの#EverydayHeros Webページで登録できます。

ステータスは、2021年12月31日まで有効です。

ウィンダムリワードの他の変更点は次のとおりです。

  • 現在から2020年9月30日までに期限切れになる予定のポイントは、ポイントの有効期限が一時停止されます。
  • 2020年6月30日までの新規または既存の直接予約は、到着の24時間以内であれば無料で変更またはキャンセルできます。
  • 到着の48時間前に予約がキャンセルされた場合、2020年6月30日以降の滞在の変更ペナルティは免除されます。

アコー

Accor Live Limitlessのアコーホテルは世界中のすべての上級会員に対して期間を延長することを発表しました。

アコーライブリミットは予約キャンセルや払い戻しに関しての発表はしていましたが、中華圏以外の上級会員に対する対応は発表されていませでした。

今回、上級会員に対する対応が発表されました。

前回、アコーライブリミットは、すべての上級会員に、2019年の実績に基づいた会員レベルに必要な宿泊数とポイントの50%がアカウントにプレゼントすることを発表しました。

アコーホテルはALL-Accor Live Limitlessに名称が変わり新しくダイヤモンド会員が増えます。

今回の内容は以下のようになります。

シルバー 800ユーロまたは10泊(1,000ステータスポイントと5泊)
ゴールド 2,800ユーロまたは30泊(3,500ステータスポイントおよび15泊)
プラチナ 5,600ユーロまたは60泊(7,000ステータスポイント、30泊)
ダイヤモンド 10,400ユーロ(13,000ステータスポイント)

しかし、新型コロナウィルスの影響が長期化する中で、他のホテルプログラム同様に上級会員の有効期間を延長する事になりました。

これで、今の上級会員レベルは2021年12月31日まで延長されます。

先にプレゼントされたポイントなどはそのままになると思います。

今年の終わりから来年にかけて新型コロナウィルスが終息した場合は、状況を見て上級会員になるための資格に対する対策を行うと思います。

ベストウエスタンホテルズ&リゾーツ

ベストウエスタンリワードは、新型コロナウイルスの大流行により、上級会員に対してステータス期間延長を発表しました。

ベストウェスタンリワードの上級会員は、2019年の宿泊に関して、規定に満たなかった上級会員に対しても、そして、基準をクリアした会員に対しても、2021年1月31日までその上級会員が維持されると発表しました。

今回の対象は中華圏や韓国などの限定したものではなく、世界中の会員が対象になります。

また新型コロナウィルスの流行前になる2019年の滞在日数が足りない上級会員に対しても同じ対応になります。

すでに発表しているアックホテルチェーンのかでは、初めて世界中の会員を対象にした対応になります。

今まではワールドオブハイアットやシャングリ・ラ ホテルに見られるアジアを対象としたものか、ヒルトンオナーズ、IHGリワードクラブ、マリオットのように中華圏を対象としたものかに分かれていましたが、韓国やイタリア、トルコなどの地域でも流行し、日本もその対象に入りつつある現状では、地域を限定した対策は意味のないものになってきています。

そう考えると、今回のベストウェスタンリワードの上級会員に対する対策は、後発の分だけ現状に合っている対応になります。

Choice Hotels

5月21日のチョイスホテルでは、今年の宿泊日数に関係なく、2021年12月31日まですべてのメンバーの現在のエリートステータスが延長されました。

2020年にエリートステータス資格の基準引き下げを発表しました。

  • ゴールドステータス:10泊ではなく7泊した後に獲得
  • プラチナステータス:20泊ではなく15泊した後に獲得
  • ダイヤモンドのステータス:40泊ではなく25泊した後に獲得

また、ポイントの有効期限は2020年12月31日まで一時停止されています。

まとめ

新型コロナウィルスが蔓延する一方で、旅行の禁止フライトのキャンセルホテルの稼働率低下など、旅行業界に大きな影響が出ています。

今年と2021年にホテルのエリートステータスがどうなるか疑問に思っている場合は、今後も更新していきますので定期的に確認してください。

今後数週間および数か月の更新が確実に行われると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です