スポンサードリンク

ハワイが事前検査でアメリカ本土からの観光を再開 日本はまだ

ハワイ

新型コロナウィルスは発生指定から、ハワイに訪れる際の唯一の方法は、14日間の検疫期間を過ごすことでした。

観光かビジネス化によっても若干の違いはありますが、指定された場所(ホテルの部屋など)で14日間を過ごし、許可された外出以外はできないと言うことで違反をすると逮捕される事になり、実際にニュースなどで逮捕者が出たことが日本でも確認できました。

以前から事前に検査を受けて新型コロナウィルスに関して陰性を証明した渡航者は検疫期間を免除すると発表されていましたが、その時期は何回か延期されていました。

今回、アメリカ本土からの限定ですが10月15日にハワイは旅行前の新型コロナウィルス検査で問題なければ観光で訪れても検疫期間が必要なくなりました。

ハワイでポイントを使ったホテルでの滞在

ハワイは10月15日にアメリカ本土からの旅行者に再開されました

ハワイは10月15日にアメリカ本土からの旅行者に検疫期間なしで観光を再開しました。

州は旅行前の新型コロナウィルステストをすべての訪問者が、ハワイに出発する72時間以内に、承認されたテスト機関からPCRテストを受ける必要があります。

ただし、ハワイ諸島すべてが同じルールがあるわけではありません。

オアフ島はこの方法に沿っていますが、以下の島は独自のルールがあります。

ハワイ島、ハワイ島

強制的な14日間の検疫を回避するために州の到着前検査プログラムに参加するビッグアイランドへの旅行者は、到着時に空港で2回目の無料の迅速抗原検査を受ける必要があります。2番目の否定的な結果は、旅行者が強制的な自己隔離を回避することを可能にします。

現在、検疫を回避するために、ハワイ島のみが到着時に2回目の検査を必要とします。

カウアイ

カウアイ島では、現在必須ではありませんが、到着後3日で自主的な2回目のテストを提供します。

マウイ

マウイ島の計画は現在、カウアイ島の計画と同じで、島に到着してから3日後に無料の自主試験が提供されます。

日本からの渡航に関しては

この発行時点で、CDC禁止国からの海外旅行者はハワイへの入国が禁止されています。ハワイは日本と交渉して、日本からの旅行者のための再開計画を策定していると伝えられています。

ハワイ州観光局は、日本からの旅行者も事前検査プログラムへの参加は可能ではあるが、アメリカ本土同様に航空会社が提供する検査キットや正当な検査証明を提供できる医療機関など詳細を確認中とのことです。

アメリカではユナイテッド航空、ハワイアン航空、アラスカ航空、アメリカン航空を含む複数の航空会社が、特定のハブ空港から、または在宅キットを利用してハワイに行く旅行者が利用できるテストシステムを開発しました。

日本でもこの2つがクリアになるとアメリカ本土と同様に事前テストの結果で14日間の検疫期間を免除されると思います。

航空会社ではハブ空港にも検査を実施できる施設を設置し、旅行前に検査を受けることができます。

日本からの旅行を再開するためには、成田空港や羽田空港にそれらと同じ施設を設置する必要があり、その他にも旅行の直前に検査を受けてすぐ結果が出る前提が必要になります。

 

まとめ

今回のアメリカ国内の感染者が拡大している状況下で検疫免状で観光を再開したことはハワイの状況を考える上で大きな要因になると思います。

ハワイでは観光業に携わるホテルやオプショナルツアーを行う会社、レストランなどが大打撃を受けているようです。

今に時点でも耐えられない状況になるようですが、これ以上今後延長になり再開される予定がはっきりしない状況では継続することができないほどの状況になっていると思います。

日本からの観光再開も検討中とのことですが、国内の雰囲気を考えると観光が再開されれば観光でハワイに訪れる方は多いと思います。

 

ハワイアン航空が10月から日本ーハワイ間の運行を一部再開

ANA ハワイ線が再開 ただし10月に2往復だけ

マリオットのカテゴリ変更に伴うハワイの影響

ハワイでポイントを使ったホテルでの滞在

ハワイを訪れるのに最適な時期は?

ヒルトンポイントを使って無料でハワイのホテルを利用する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です