スポンサードリンク

マリオットのポイントを航空会社のマイルに移行:JALマイレージバンク

ホテルプログラムからは、ホテルの滞在にポイントを利用するだけではなく、航空会社のマイルに移行できるようになっています。

しかし、ほとんどのホテルプログラムは交換レートが悪くマイルに交換するよりもホテルの特典滞在で利用した方がお得です。

唯一、マリオットはマリオットポイントを航空会社のマイルに移行してもポイントの価値を落とさずに活用できるホテルプログラムになります。

マリオットは様々な航空会社にポイントを汚行することができます。

交換レートは60,000ポイントを移行すると20,000マイルになり、更に5,000ボーナスマイルがもらえます。

これは60,000ポイントの倍数を交換したときにもボーナスマイルはもらえますので、例えば240,000ポイントを交換した場合は80,000ポイントに加えてボーナスマイルが20,000ポイントをもらうことができます。

今回はマリオットのポイントをJALのマイレージバンクに交換したときの使い方を考えてみたいと思います。

JALマイレージバンクでの利用方法

 

特典フライトでの利用

JALのマイルに移行するメリットとしてはいくつかありますが、そのひとつが実際にJALが運航するフライトで利用することです。

例えば日本からアメリカへのフライトは他の航空会社と比較して非常に少ないマイル数で可能になります。

片道の特典航空券は以下のマイル数ほ必要です。

  • エコノミー:25,000マイル
  • プレミアムエコノミー:32,500マイル
  • ビジネス:50,000マイル
  • ファーストクラス:70,000マイル

マリオットからのポイント移行で考えると、わずか60,000マリオットポイント(JALのマイレージバンクプログラムに移行)で、日本からアメリカへの片道フライトを予約できます。

JALのマイルを利用する際にネックになる燃料サーチャージも今はほとんど必要ありません。

その他にもお得な路線がありますので、マリオットのポイントをマイルに交換するときにはJALのマイルを考えるのはお得な使い方になります。

 

 

JALのマイルは通常燃料サーチャージが必要な点を考えも、他の航空会社と比較してお得なマイレージプログラムです。

さらに、JALマイルの価値を高める方法はたくさんあります。

JALはワンワールドに加盟していますのでアメリカン航空やキャセイパシフィック航空などの航空会社の特典航空券を予約することができますが、その他にも独自に提携している航空会社があります。

その一つがエミレーツのファーストクラスへの交換になります。

エミレーツ航空のスカイワーズに関しては特典航空券の予約が難しく、また過去と比較して必要マイル数が増加しています。

JALは現在、エミレーツ航空の特典航空券を予約する場合に最適なプログラムで、エミレーツ航空便の場合は提携航空会社の距離ベースの特典チャートを利用しています。

最大6つの区間と2つの途中降機が可能で。必要マイル数はすべてのフライトの合計距離に基づきます。

一例としてエミレーツ航空のファーストクラスを利用した場合に、香港(HKG)からワシントン-ダレス(IAD)またはニューヨーク-JFKのいずれかへのフライトを経由してドバイ(DXB)までの旅程。このフライトは10,000マイル以内になりますので、予約するためにはJALのマイルは145,000 マイルになります。

これは、マリオットからのポイント移行でボーナス分も考えた場合に、360,000マリオットポイントを転送することをになります。

決して簡単にためることができないポイント数ですが、ホテルでの滞在やキャンペーン、そして提携しているスターウッド プリファード ゲスト・アメリカンエキスプレスカードを利用すると達成可能なポイント数になります。

香港から米国に飛ぶことが重要であり、その逆ではありません。

JALのマイレージバンクを利用したエミレーツ航空の特典航空券予約に対するディメリットは、燃油サーチャージの存在ですが、香港から出発する場合、燃油サーチャージは安く抑えることができます。

また、エミレーツ航空のファーストクラスを考えると、それほど負担には感じないと思います。

 

JALのアメリカまでのファーストクラス利用が70,000マイルで利用できることを考えると、成田空港や、これから新しくなる羽田空港のファーストクラスラウンジの利用や豪華な座席と食事などのサービスがあり非常にお得な内容になります。

最もお得なエミレーツ航空の特典航空券は、ほとんど地球を一周するような旅程なので、おいそれと利用することは難しいかもしれませんが、アメリカまでの旅行なら比較的簡単に利用することができます。

また片道単位なので行きはプレミアムエコノミークラスで、飛行時間の長い帰りにファーストクラスを楽しむこともできます。

 

 

 

JALのマイル 特典航空券以外で使い方を考える 電子マネーのWAON

通常、航空会社のマイルを利用する最善の方法は、特典フライトを利用することになります。

実際にマイルを獲得した航空会社ではなく、提携している航空会社を利用することもできますので、マイルがあればどこにでも行くことができます。

このようにして、マイルの最大価値は特典航空券、特にビジネスクラス以上の特典航空券を予約することになります。

航空会社のマイルは特典航空券以外にもホテルやレンタカー、ラウンジのアクセスや商品に交換することもできます。

航空会社のマイルをそれらに利用することは、時には魅力的なものもありますが、一般的には、特典航空券に利用した場合の1 / 4〜1 / 2の価値になります。

しかし、新型コロナウィルスの影響で旅行ができる状態ではなく、特に海外旅行には大きなリスクと通常にはない規制のためマイルがあっても、それを利用する機会がありません。

JALはANAと比較して電子マネーに利用できるマイル数やレートが優れており、特典航空券でビジネスクラスを予約するほどお得にはなりませんが、エコノミークラスの国際線を予約する程度のお得さがあります。

電子マネー特典「WAON」

電子マネー特典「WAON」への移行

電子マネー特典「WAON」はイオン系列で利用できる電子マネーになっていて、イオン系列以外にも利用できる店舗が徐々に増えています。

電子マネー特典「WAON」は、3,000マイルから「WAON」に交換できます。

〔対象のJMB WAON会員〕

  • JMB WAONカード
  • イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
  • BIC CAMERA JMB WAONカード
  • JMB G.G WAONカード
  • イオンJMBカード(JMB WAON一体型/G.Gマーク付き)
  • モバイルJMB WAON会員

特典交換後、全国のイオングループ店舗や国内主要空港に設置の「WAONステーション」、「イオン銀行ATM」、「WAONチャージャーmini」、全国のファミリーマートにある「Famiポート」などでWAONをダウンロードしてカードに反映することができます。

関連:おトクな特典が満載の年会費無料 JMB G.G WAONカード

電子マネー特典「WAON」の交換レート 交換に必要なマイル数

交換される時期によって次のとおりとなります。

お申し込み日 交換の単位と交換率 左記期間内に交換できる上限
通常 10,000マイル=10,000WAON(10,000円相当) 同一年度(4月~翌3月)に20,000マイル
2021年3月31日まで 3,000マイル=1,500WAON(1,500円相当)

10,000マイル=11,000WAON(11,000円相当)

※10,000マイル~20,000マイルは1,000マイル単位で交換可能

20,000マイル=22,000WAON(22,000円相当)

40,000マイル=50,000WAON(50,000円相当)

上限なし

 

今は特別レートでの交換比率になり、40,000マイルを交換した場合50,000WAON(50,000円相当)と交換レートが優遇されています。

この交換レートは期間が限定されていますが、この期間は延長を繰り返しています。

電子マネー特典「WAON」の交換 長所、短所

長所:

交換レートが他の電子マネーなどへの交換よりも優遇されている

短所:

使える場所が、まだ他の電子マネーと比較すると少ない。

WAONポイントにも使いづらい部分があり、イオン系列で利用できるとは言ってもクレジットカードやSuicaなどの電子マネーと比較すると利用できる店舗がすくなく、さらにWAONのカードなどに移行できるポイント数が上限20,000ポイントになり、それ以上の買い物は他のクレジットカードなどと併用するか、現実的ではありませんがもう一度ポイントをチャージして支払う方法を使う事になります。

日用品などで利用する場合には特に問題は発生しませんが、家電などの商品を購入するときにはネックになります。

 

まとめ

現状では海外旅行などは難しいので、国内線特典航空券や電子マネーなどに交換する使い方が多くなっています。

JALマイレージバンクはマイルを各社のポイントや電子マネーに交換することができます。

WAON以外にも、それぞれにあった移行先があります。

そういった交換先の多さと交換レートの良さはANAと比較してもJALの方が使いやすいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です