スポンサードリンク

日本でもワクチンパスポートを発行 ヨーロッパでは美術館、劇場、レストランへの入場にワクチンパスポートが必要

日本でもワクチンパスポートを発行

 

海外ではすでに導入され実際に使用されているワクチンパスポート。

日本でも7月26日から各市区町村で申請の受付を行っているワクチンパスポートは今のところ海外への渡航目的の方が申請するようになっています。

新型コロナウィルスのワクチン接種済であることを証明するもので、ヨーロッパではイタリアをはじめフランスなどでイベントや劇場などに行く際にはワクチンパスポートの提示が必要になっています、

ワクチンパスポートは、その他にも提示することで入国時の陰性証明の提示や自己隔離措などが免除されるなど旅行の際には必要数になっています。

また、今のところ海外渡航の際だけ発行されますが、国内での生活や旅行でも必要になってくるかもしれません。

海外から帰国時にワクチンパスポートを持っていると検疫期間の短縮や免除に関しては検討中とのことで、まだ先の話になりそうですが海外に仕事や旅行に行かれる方は渡航先にかかわらず申請した方が良いと思います。

関連:イタリア 日本人の観光旅行を開放します。アメリカ人、カナダ人も

 

イタリア ミラノ

イタリアは美術館、劇場、レストランへの入場にワクチンパスポート

 

イタリア政府当局者は、8月6日からレストラン、美術館、ジム、カジノ、さらにはスポーツイベントに参加できるように、ワクチンパスポートを提示するようになります。

予防接種を受けていない人々に制限を設けることにより、当局は国の予防接種率を高め、国が回復しようとするときに経済を保護することを望んでいます。

発表では今のイタリアにおけるワクチン摂取率は48.2%が2回目のワクチン接種も終えている状態です。

予防接種率はここ数週間で鈍化しています。

今のイタリアはデルタ株の新型コロナウィルスが感染を拡大しており、その為ワクチンパスポートの導入も早くなっていると思います

このパスは、基本的にEUのデジタルワクチンパスポートの派生であり、8月6日に発効します。

証明書を取得するには、過去9か月間にコロナウイルスワクチンを少なくとも1回接種したことを証明するものを提出する必要があります。

また、過去6か月間に新型コロナウィルスから回復した証拠、または申請から48時間以内に行われた陰性テストの証拠を示すことによって合格を得ることができます。

ワクチンパスポートがないと、レストランやカフェで食事をしたり、地元のお祭りやビジネス会議に参加したり、公共のプールに行ったりすることはできません。

イタリアのナイトクラブは閉鎖されたままです。

イタリアではすでに約4000万人が「グリーンパス」をダウンロードしています。

さらに9月にワクチンパスポートに関して、電車、飛行機、または公共交通機関でイタリア国内を旅行するために必須にすることについても話し合います。

イタリア ヴェネツィア

まとめ

ニュースではフランスもイタリアと同様にワクチンパスポートの提示を義務つける方針のようです。

もちろんワクチンを接種しても抗体がいつまで機能するかは個人差もあり一概には言えません。

また、ワクチンも潤沢になっていない状態では不公平感もあると思います。

しかし、ヨーロッパに限らずワクチンパスポートに関しては世界中で導入が検討されていますのでパスポートや国際免許証と同じように必要になっていくと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です