スポンサードリンク

VISAやアメックスなどのギフトカード

アメリカに行ったときに例えばガソリンスタンドなどで日本のクレジットカードが使えないことがあります。
その他でも交通機関の自動販売機で使えなかったこともありました。
アメリカのクレジットカードがあると、その他にも「アメリカで発行されたクレジットカード」以外は支払いに対応しない通販サイトの支払いや、プリペイドのスマートフォンの支払い、appleSIMなどをアメリカで使用する場合にも安価な回線を使用できたり、アメリカiTunesやAppStoreの支払いとして、アメリカ国外から利用できますので、安く楽曲やソフトを入手することが出来ます。
しかし、当然日本在住の場合にはアメリカのクレジットカードを作ることは出来ません。
アメリカの銀行の口座を持っているとデビットカードが作れますので、同様のことは出来ますが一般的ではないので利用できる方は限られます。
そういった中でもVISA/MasterCard/AMEXのギフトカードを購入することによって解決することが出来ます。
ではVISA/MasterCard/AMEXギフトカードはどこで販売しているかということですが、アメリカではどこでも販売しています。
ウォールマートやコストコなど日本でもおなじみの店舗から小さな食品スーパーまで大体の小売店では規模の違いはありますが販売しています。
実際に購入したのはウォールマートになりますので、他の店舗では若干の違いがあるかもしれません。
ウォールマートのレジ近くに各種プリペイドカードを陳列している什器が設置されています。
そこにはiTunesカードやソニーのプリペイドカード、携帯電話の支払いに使用できるカードなどが陳列されています。
その中に$25、$50、$100の額面や$50-$500など自由に設定できるVISAとMasterCardとAMEXのギフトカードと、後から金額を追加できるリチャージカードがあります。
P7240590.jpg
パッケージはいろいろありますが購入したのはこちらになります。
P7240591.jpg
このカードを購入するのは非常に簡単です。
利用したいカードを(金額とブランドのカード)他に購入する商品とにレジに持って行きいきます。
カードそれぞれには$4~$6位までそれぞれ価格が表示されていますが、これは手数料のようなものです。
それと額面が決まっているカードならその額面を、決まっていない$50-$500のようなカードなら入金金額をレジの人に伝えることによってクレジットカードで他の商品と一緒に額面の金額と、手数料を払います。
その際に州税などは必要ないようです。
ちなみに後から金額を入金して継続的に使えるプリペイドカードもありますが、残念ながらこれはアメリカに住所があり、アメリカのマイナンバーのようなソーシャルセキュリティー番号を持っていないと入金することが出来ませんので使えません。
レジで支払った後はすぐにでも使用することが出来ます。
アメリカの通販や、アメリカiTunesなどにも使えますが、一般の旅行者でも防犯上の事を考えるとこのプリペイドにチャージして自分のクレジットカードを保管していると、何かあったときでも被害が限定されるのでメリットはあると思います。
また、お子さんの留学などでも利用機会は多いと思います。

それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です