スポンサードリンク

ラスベガスを訪れるのに最適な時期

ラスベガスは365日24時間、昼夜を問わず活気がある都市です。 それでも、ラスベガスはネバダ州の砂漠の真ん中にあり、季節によっての気温は極端な気温から極端な気温まで変化します。

ラスベガスにはロサンゼルス経由でフライトでのアクセスやロサンゼルスからレンタカーを借りて陸路でアクセスしたり、サンフランシスコからヨセミテに立ち寄って、その後山脈や砂漠を越えてアクセスしたりと、アメリカではロサンゼルスやサンフランシスコなどに次いで訪ねた回数の多い都市になります。

ラスベガスを訪れるの良くないときや最適なときがいつになるかを考えてみたいと思います。

ラスベガスは365日24時間、昼夜を問わず活気がある都市です。

それでも、ラスベガスはネバダ州の砂漠の真ん中にあり、季節によっての気温は極端な気温から極端な気温まで変化します。

訪問するのに最適な時期を案内します。

最高の気候はいつになるのか?

ラスベガスの気候はかなり極端になることがあります。

夏の平均最高気温は40度を超えて上昇します。

夜でもストリップストリートを歩くと汗をかきます。

冬には、気温が氷点下になることがあり、屋外での散歩も服装を考えないと快適ではありません。

一部のホテルは気候による温度に対応するため屋内の通路で接続されていますが、それでも外に出る必要があります。

ラスベガスで快適に過ごせるときは、3月、4月、10月、または11月になり、気温も18度から25度程度までと快適になります。

最も寒い時期が最も可能性の高い1月と12月を避け、最も暑い日を避けるために7月と8月を避けてください。

 

ラスベガスを訪れるのに最適な時期

特に夏は注意が必要です。

日本からラスベガスに行く場合に夏休みを利用すると、最も暑い時期にラスベガスを訪問することになります。

昼はもちろん、長時間に外を歩くことは不可能で、夜になってさえもドライヤーの熱風を受けているような気温なので体調を崩すことも予想されます。

その際には十分な暑さ対策が必要です。

 

混雑を避けるために訪れる最適な時期

ラスベガスで夏を避けるべきと記載しましたが、実際に最も多くの観光客が訪れるのも夏期間になります。

全米から家族連れでラスベガスを訪れる方も多く、日本を始め周辺諸国からも、その時期の訪問は多いと思います。

7月4日のような巨大なイベントと豊富なエアコンを組み合わせることで、夏の終わりでも忙しくなります。

夏が過ぎて学校が始まると、ラスベガスは最も少ない観光客になります。

冬の終わりから春にかけても観光客は減少します。

お祭りやイベントのために訪問するとき

眠らない街では、やることがなくなることはありません。豪華な屋上クラブから屋内に建てられたテーマパーク全体まで、ラスベガスはギャンブル、食事、コンサート、ショー、飲物などの楽しみがいっぱいあります。

季節ごとにどういったイベントがあるのかを見てみます。

音楽が好きな人の場合、ビルボードミュージックアワードとカントリーミュージックアワードの両方が春に開催されます。

春は一般的に天気が良く、旅行客が少なくなります(ただし、これらのイベントのための訪問者は増えます)。

食事が好きなら、BonAppétitのUncork’dはラスベガスで最も忙しいフェスティバルで、有名シェフがユニークな食事やワインの試飲などのために人々が集まります。

世界中の何百ものカジノの本拠地として、ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)は毎年ラスベガスで開催されています。

ほぼ3か月にわたってトーナメントに挑戦したり、数百万ドルの賞金を競うために有名なプレーヤーがやってくるのを見ることができます。

WSOPよりもさらに大きいのは独立記念日のお祝いであり、どこにいても大きなパーティーを見つけることができます。

約12箇所のカジノで花火大会が開催されます。

基本的に、レストラン、バー、カジノで行われているパーティーを見つけることができます。

ただし、実際のパーティーをお探しの場合は、予約が必要になります。早めに予約してください。

気温が下がり始めると、秋の祭りが始まります。

iHeart Radio Music Festivalは9月に開催され、全国の何千人もの参加者を集めて有名アーティストが参加します。

また、ロックンロールラスベガスマラソンもあります。

ギリシャ料理フェスティバルに参加することができます。

は砂漠は非常に寒くなりますが  、12月はラスベガスを訪れるのに最適な月の1つです。

スポーツファンの場合、ラスベガスボウルはクリスマスの数日前に開催されます。

大晦日は独立記念日よりもさらに大きく、満室のホテルやカジノは新年を祝うために大規模なショーを開催します。

通りは混み合っており、部屋は高価なので、この時期に宿泊する場合は、事前に滞在を手配することをお勧めします。

手頃な価格の航空運賃

幸いなことに、ラスベガスの街は観光客とホテルやレストランのスタッフなどで存在しています。

これは、年間を通じて安い航空運賃を見つけることができることを意味します。

マッカラン国際空港は、アメリカのいくつかの小さな地域航空会社を含む世界中の航空会社が乗り入れており、価格も安いと思います。

乗り継ぎ便になりますが、日本からのアクセスで考えると最も安いロサンゼルスに次いで安い航空運賃になっています。

安いホテル

ラスベガスのホテルでは、1泊10ドルという非常に安いスペシャルから、数千ドルで満足できる広大なペントハウスまで、ラスベガスで色々なホテルがあります。

ラスベガスには有名なチェーンホテルやホテルプログラムを使ってポイントを引き換える機会がたくさんあります。

ホテル滞在時にリゾート料金が必要なホテルも多く、リゾート料金の免除などを提供しているか予約の際に注意してください。

一部のホテルでは無料駐車場を提供し始めています。

ホテルの料金は他の地域と比較してどこも格安になります。

カジノや家族連れのアミューズメントなどを利用しやすくするために、スイートルームなどでも一泊1万円程度で宿泊できるホテルも多いと思います。

そんな通年通して安い価格のホテル代でも最も安い時期になる9月から11月と1月から4月の季節はさらに安くなります。

特に主要な休日を避け、週末の混雑が解消される日曜日からの滞在は最も安い料金を提供してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です