スポンサードリンク

今月ESTAの有効期限が終了になります。

アメリカに行くときに必要なESTA。
ESTAはアメリカに入国するほかに乗り継ぎでアメリカを経由して他の国に行く際にも一旦アメリカに入国しますのでESTAがないと乗り継ぎでカナダやメキシコなどに行くことも出来ません。
また、世界一周などでヨーロッパで滞在してアメリカを経由して日本に帰国する際にも当然ESTAは必要になります。
ESTAの申請自体は非常に簡単です。
クレジットカードとパスポートを用意して申請ページで必要事項を記入して、クレジットカードで14USDの支払いをすると申請完了です。
時間にして、パソコンの操作に慣れている方であれば、5分から10分程度で終了します。
ESTAの有効期限は取得日から2年間になります。
その他にESTAを申請した日から2年以内にパスポートの有効期限が終了する場合はパスポートの有効期限が切れる日までがESTAの有効期限になります。
海外に行く場合にパスポートなどは有効期限以内であっても国によっては有効期限に余裕がないと期限内であっても更新する必要があります。
国際免許証などでも期限前に更新する必要があります。
ESTAは有効期限まで有効で、例えば有効期限前にアメリカに渡航して、旅行中に有効期限が切れる場合でも事前に申請する必要はありません。
また、例えば1年ほどの有効期限内があっても新たに申請をするとその時点から2年間が有効期限に変わります。
基本的にESTAには更新という概念がなく、すでにESTAを申請して承認を得ていたとしても更新ではなくすべて新規に申請することになります。
そのため、海外仕入れのため頻繁にアメリカへ渡航する方は2年毎にESTAの申請が必要になります。
この4月にESTAの有効期限が切れますので、有効期限がもうすぐ終了する内容のメールが届きました。
基本的には登録時のメールアドレス宛てに「ESTA Expiration Warning」というメールの題名で送られてきます。
2年に一度なので、把握していなくてもメールが届きますので注意してメールをチェックしていると申請漏れをすることはないと思います。
また、更新ではなく新規申請になりますので2年に1度はESTA申請費用の14USDが必要になります。
ESTAに申請した際の内容はプリントアウトする必要がないと記載されています。
日本からアメリカに行く際に航空会社のチェックインカウンターでESTAに申し込みをしているか口頭で訪ねられて、申し込んでいる旨を伝えるとこのままチケットを発行してくれます。
しかし、ヨーロッパからアメリカに渡航する前には航空会社のカウンターではESTAについて聞かれることはありませんが、出国の際にESTAの申請を証明するものの提示を求められます。
そういった際にはプリントアウトをした申請内容を見せるため携帯することが必要になります。
ESTAでのトラブルはあまりないと思いますが、以前アメリカを経由してカンクンに行ったことがあります。
その際に当然、アメリカ経由なのでESTAを申請して、乗り継ぎ便を利用してカンクンまで行きました。
帰国に際に空港に行って航空会社のカウンターで発券手続を行っているとESTAの申請がされていないと言われました。
行きはアメリカ経由で問題なく入国処理を行っているのでESTAの申請がされていないことは考えられないと伝えましたが、カウンターではどうすることも出来ないと言うことでした。
押し問答をしても時間がかかりますので、空港内にインターネットに繋がるパソコンがあるか確認したところ空港ロビーになると言うことでしたので、そこで申請し直したことがありました。
当然、新規の申請になりますので14USDを支払って申請を行い帰国することが出来ました。
この様なことは余り多くないことになると思いますが、そういった際にも申請内容をコピーしていると入力が楽なので、今ではタブレットでいつでも確認出来るようにしています。
それぞれ1クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です